TOP > 蓄益講座

蓄益講座

蓄熱暖房器は、「節約」の上をいく「蓄益」です。 エネルギーや経済性を考えて「節電」、「節約」が大流行のいま、もっと上をいく「蓄益」はいかがですか?蓄熱暖房器は、そもそも経済的で節電効果の高い暖房。この蓄熱暖房器に太陽光発電を組み合わせると「蓄益」の効果はグンとアップ。さらにオトクなマイコン割引や停電時の安心も加えて、かしこくおトクなエネルギーライフのご名算! 今注目のお得な深夜電力を使って蓄え、日中に電力を使わない蓄熱暖房器!

蓄益その壱

蓄熱暖房器は、とってもエコでエコノミーなスグレもの。料金の安い深夜電力を利用して蓄熱体(レンガ)に熱を蓄え、日中に放熱してお部屋全体をムラなく暖房します。電気がよく使われる日中の需要を夜間に移す「ピークシフト」の効果で、節電と省エネルギーにも大きなメリットが生まれます。

ピークシフトとは

昼間に使う冷暖房などの熱を夜間に蓄え、需要のピークを夜間に移すこと。電力会社では深夜の電気料金を割安に設定する時間帯別料金制度などでピークシフトを促進しています。

※グラフはイメージです。

蓄益その弐

昼間に電気をほとんど使わない蓄熱暖房器なら、いま大人気の太陽光発電との相性もバッチリ。日中の降り注ぐ太陽の光を受けて発電した電力をほとんど使わずに済むため、電力会社が買い取ってくれる余 剰電力もグンと増量、これを売って収益をより大きくできます。これぞまさしく蓄熱と蓄益のW効果!

エアコン暖房の場合

蓄熱暖房器の場合

※ 終日エアコン暖房と、蓄熱暖房器を使用した場合の想定比較です。
※ 蓄熱暖房器は割安な深夜電力を利用し8時間の蓄熱で16時間暖房が可能です。
※ グラフはイメージです。

蓄益その参

さらにおトクなのがマイコン割引。電力会社では夜間に使われる電力が決まった時間帯に集中しないよう、通電を始める時刻を自動的に制御するマイコン搭載機器を優遇し、月々の電気料金の大幅割引を設定。蓄熱暖房器はこの「マイコン割引」対象製品で、お部屋に据え付けたその月からおトクなくらしがスタートします!

どのくらい割引になるの?

電気料金契約が「電化上手」の方

1ヶ月につき、「機器の電気容量1kWにつき136.5円」(平成23年8月1日現在)が割引されます。下記は計算例です。

電気料金契約が「電化上手」の方

※グラフはイメージです。

シーズンセンサー

特許技術シーズンセンサーが、外気温に合わせて毎日の蓄熱量を自動コントロール。暖房シーズンを通して、面倒な手間なく、ムダもなく、1日24時間、快適な室温を保ちます。

シーズンセンサー搭載でさらに省エネ

※「シーズンセンサー」はAEGの蓄熱暖房器に搭載されている特許機能です。蓄熱暖房器は、ワンシーズンまるまる24時間暖房する為の暖房器です。

蓄益その四

夜に蓄えた熱で部屋をあたためる蓄熱暖房器は、日中には暖房のための電力をほとんど消費しません(ファンコントロール運転のみ)。もし災害や事故で停電になっても、蓄えた熱がある限りお部屋の中はあたたかさをキープ。寒さの厳しい地域では暖房は重要なライフラインですが、蓄熱暖房器なら非常時の安心もしっかりお約束。

蓄熱暖房器の構造

割安な深夜電力で蓄熱し、その熱を放出して部屋全体をムラなく暖房。健康的でクリーン、24時間いつでもお部屋は小春日和のあたたかさ。

蓄熱暖房器の構造

蓄熱暖房器 体験談

震災時に助かりました。
K.Sさん(福島県在住)

こないだの震災にて家屋家族ともに大丈夫でした。蓄熱暖房器、耐熱ウッドシェルフも壊れなかったです。 ガソリン灯油が不足したときも安心して暖かい部屋に身を寄せることができて感謝しています。 福島県は地震津波に加えて放射能や風評被害で苦しめられていますが、皆様の暖かい支援に感謝しながら復興に向けて力を合わせて頑張って行きます。子供達が大きくなって『ふるさと福島』と胸をって誇れるように…。

コスト比較シミュレーション

上記は太陽光発電搭載オール電化住宅にて、蓄熱暖房器を使用した場合と、エアコン暖房を使用した場合とのコスト比較シミュレーションです。
■算出条件 ◎建物面積:115.72u ◎設置地域:千葉県我孫子市、次世代省エネ基準クリア住宅 ◎契約種別:東京電力株式会社 季節別時間帯別電灯契約「電化上手」 ◎電灯容量:11kVA ◎通電制御型機器:10kVA(エコキュート2kVA、蓄熱暖房器8kVA) ◎太陽光発電装置:3kW ◎屋根の形状:切妻 ◎方位:南西 ◎設置角度:40度
※上記価格は、ご使用状況により異なります。あくまでも目安としてご検討ください。
※上記価格は、冷房による電気使用量は含んでおりません。
※発電量は、気象条件、立地条件、設置条件等諸条件により実際の発電量とは異なる場合があります。

蓄熱暖房器製品を一覧へ