サポート

TOP > FAQ

FAQ

蓄熱暖房器に関するよくある質問

■Q.どんなところに設置したらよいですか?
■Q.電気工事(配線)はどのようにしたら良いのですか?
■Q.床補強は必要ですか?
■Q.壁側の補強は必要ですか?
■Q.壁にピッタリ取り付けても良いですか?(近くに物を置いても良いですか?)
■Q.蓄熱暖房器の上に物を載せても良いですか?
■Q.棚の中に入れても良いですか?
■Q.棚の上にテレビなどを置いても構いませんか?
■Q.カーテンなどが本体に触れてもよいですか?
■Q.やけどしませんか?
■Q.子供用のガードはありませんか?
■Q.何畳用ですか?
■Q.輻射(ふくしゃ)暖房の“ふくしゃ”とは何ですか?
■Q.蓄熱暖房器の構造はどうなっていますか?

■Q.蓄熱暖房器の耐久年数はどのくらいですか?
■Q.AEG社の製品はドイツ製ですが、部品の保有は大丈夫ですか?
■Q.火災の心配はありませんか?
■Q.ファンモーターの音はどのくらいですか?
■Q.施工は誰にお願いしたらよいですか?
■Q.移動や移設はできますか?
■Q.こんな時はどうするの?
■Q.お手入れの方法は?
■Q.使用上の注意点は?
■Q.本体の表面温度は?
■Q.蓄熱暖房器のデメリットは何ですか?
■Q.機器の保証については?

どんなところに設置したらよいですか?

望ましい場所

・窓の付近や換気吸気口の下(床・壁補強が必要です。)

不向きな場所

・畳の上:畳を切ってフローリングにする必要があります。
・毛足の長いじゅうたんの上:機器の底面と同じ大きさの木台が必要となります。
・クッションフロア:設置の場合は木台が必要となります。
・水などがかかる場所。
・床の補強ができない床の上。

▲ページのトップへ戻る

電気工事(配線)はどのようにしたら良いのですか?

蓄熱暖房器専用のブレーカー、200V、シーズンセンサー用ケーブルが必要になります。詳しくはメーカーまでお問い合わせ下さい。

▲ページのトップへ戻る

床補強は必要ですか?

暖房器の重さに見合った床補強は必ず必要です。補強がない場合は、床が沈んだり暖房器が故障したりとトラブルの元です。建築会社に相談し根太ピッチを詰めてください。また大引も機器の下に入るようお願いします。床補強がない場合のトラブルはメーカーの責任範囲外となります。

▲ページのトップへ戻る

壁側の補強は必要ですか?

壁には耐震用の金具を取り付ける為、補強が必要です。WSP-Tシリーズの場合は床面から582.5mmのところに金具が取り付けられますので、その部分の壁裏に合板12mm以上のものを用意する必要があります。

▲ページのトップへ戻る

壁にピッタリ取り付けても良いですか?(近くに物を置いても良いですか?)

機器の表面温度は60〜70℃あり、壁にぴったりと取り付けることはできません(WSP-Sシリーズを除く)。WSP-Tシリーズの場合、必ず下記規定の離隔を取って下さい。取れない場合はメーカー保証の対象外となります。
○背面:6.5cm ○左右側面:15cm以上 ○上面:10cm以上 ○前面:50cm以上

▲ページのトップへ戻る

蓄熱暖房器の上に物を載せても良いですか?

絶対に載せないでください。表面 の温度は60〜70℃になります。乗せたまま放置しますと、火災に繋がる可能性があります。シーズンオフの間も機器の上にはものを置かないでください。誤ってスイッチボタンが入り、蓄熱した場合、火災に繋がる場合があります。

▲ページのトップへ戻る

棚の中に入れても良いですか?

必ず安全離隔を確保して下さい。安全離隔とは機器が正常に使用できる距離で、反りの問題とは関係ありません。木製棚の場合は棚板が反る可能性があります。
棚板の反りを軽減させるべく、長年のノウハウを生かした蓄熱暖房器専用棚(ウッドシェルフ)をオプションで販売しています。

▲ページのトップへ戻る

棚の上にテレビなどを置いても構いませんか?

熱により画面が見えづらかったりしますので、棚の上にテレビを置くことはお奨めしかねます。また、重量物は棚の反りを助長しますので、避けて下さい。

▲ページのトップへ戻る

カーテンなどが本体に触れてもよいですか?

危険ですので、安全離隔内には触れないようにしてください。

▲ページのトップへ戻る

やけどしませんか?

本体表面温度、上面温度は約60〜70℃になります。瞬間的な火傷はありませんが、誤って触れ続けると火傷の恐れがあります。乳幼児については、監視、付き添いが必要となります。

▲ページのトップへ戻る

子供用のガードはありませんか?

オプションで吹き出し口のガードを販売しています。

▲ページのトップへ戻る

何畳用ですか?

蓄熱暖房器は深夜に蓄えた限られた熱を有効に使用する暖房器です。住宅の間取りや吹き抜けなどの空間、断熱性能や外気温度に大きく影響されます。そのため、住宅に合わせた適正な機器容量や正しい設置場所の計画が重要となります。寒かったり、暑かったりして無駄な熱を失うことなく、快適な住宅空間を作るためには必ず「負荷計算」を実施して下さい。計算は無料で行っていますのでメーカーまでお問い合わせ下さい。

▲ページのトップへ戻る

輻射(ふくしゃ)暖房の“ふくしゃ”とは何ですか?

輻射とは温度の高い物体から温度の低い物体へ移動する熱のことをいいます。身近な具体例は太陽です。小春日和という言葉があるように、春先の外気温はそれほど高くありません。しかし、風さえなければ太陽の光を体に浴びるとじんわりと暖かくなりませんか?これは太陽の持つ熱が人の体に移動しているためです。蓄熱暖房器に当てはめると、太陽の役割が蓄熱暖房器本体になります。暖房器本体から温度の低い壁・天井・床・家具そのものを輻射効果で直接あたためるので室温は22℃前後でも部屋全体がムラなく暖かさを感じることができます。

人は風を感じるとどうなるか・・・

人間の体の周りには僅かですが上昇気流が取り巻いていて、この上昇気流が体温が奪われるのを防ぐ役割をしています。風によりこの上昇気流が薄くなると人は寒さを感じます。夏場で例えてみると、うちわで扇ぐと涼しさを感じます。これは扇いだ風で体の周りの上昇気流を薄くさせたためなのです。反対に冬場、温風式の暖房器は室温設定が低いと風の影響で寒さを感じるので設定を高くして暑い風を送らなければならないのです。

▲ページのトップへ戻る

蓄熱暖房器の構造はどうなっていますか?

主に熱を蓄える蓄熱体・熱を作る電気ヒーター・ファンモーター(WSP-Sシリーズを除く)・制御基板・その他安全装置・で構成されています。

▲ページのトップへ戻る

蓄熱暖房器の耐久年数はどのくらいですか?

蓄熱暖房器の寿命は約15年です(自社製品実績値の場合)。但し、ファンモーター等の消耗品は使用頻度にもよりますが下記のとおりです。

・ヒーター
・ファンモーター
・蓄熱体

▲ページのトップへ戻る

AEG社の製品はドイツ製ですが、部品の保有は大丈夫ですか?

ドイツでは製造中止から10年間の部品保有が義務付けられています。また、日本においても全ての部品を国内倉庫に常時保管し、対応させていただいておりますので、安心です。

▲ページのトップへ戻る

火災の心配はありませんか?

火を使わないという何よりの安全性に加え、「二種類の過熱防止器」や「転倒センサー」等の各種安全装置を搭載しより高い安全性を確保していますが、誤った使い方をされた場合、火災に繋がる場合があります。

▲ページのトップへ戻る

ファンモーターの音はどのくらいですか?

図書館と同レベルの30〜34dbと、とても静かです。

▲ページのトップへ戻る

施工は誰にお願いしたらよいですか?

蓄熱暖房器は家電品とは違い、現場での施工がとても重要です。施工は、経験のある販売店・工事店にご依頼下さい。

▲ページのトップへ戻る

移動や移設はできますか?

移設は可能ですが重量物ですので、簡単に移動はできません。
引越しなどの際に移設される場合は、販売店にご相談ください。レンガを入れたままでの移動はできません。レンガを入れたまま、移動された場合は、機器保証できません。

▲ページのトップへ戻る

こんな時はどうするの?

シーズンセンサーとは・・・外気温度を計測するセンサーを取り付けることにより、外気温に応じて暖房器自身が蓄熱量 を自動調節するAEG社独自の機能です。

シーズンセンサー付きシーズンセンサー無し
ファン蓄熱量調整ファン蓄熱量調整
外出時OFF操作不要OFF操作不要
就寝時OFF操作不要OFF季節に応じて手動で調整する
2〜3日の小旅行OFF操作不要OFF手動で調整する
シーズンオフOFFブレーカーをOFFOFFブレーカーをOFF

▲ページのトップへ戻る

お手入れの方法は?

使用中(シーズン中)

吸い込みグリルを一週間に一回程度、掃除機でお掃除ください。その際、ファンはOFFにして下さい。

※ホコリによる蓄熱への影響や、ファンモーターの寿命に影響を及ぼします。

その他期間

定期的なメンテナンスなどは一切必要ありません。

▲ページのトップへ戻る

使用上の注意点は?

・上部(天板)に物を置かない、本体の上に乗らない。
・衣類などを本体にかけて乾かさない、水などをかけない。
・前面に物を置いて吹出口をふさがない。
・塗料、シンナーなど引火性の物を近づけない。
・本体と壁とのすき間に物を入れない。
・吹出口に座布団や寝床を近づけない。
・吹出口を手や足で触らない。
・おもちゃ、カーテンなど燃えやすいものをそばで使わない。

▲ページのトップへ戻る

本体の表面温度は?

場所温度
天板68℃
前面パネル66℃
左側面パネル41℃
右側面パネル42℃
吹出しグリル(ファンOFF時)63℃
吹出しグリル(ファンON時)110℃

▲ページのトップへ戻る

蓄熱暖房器のデメリットは何ですか?

・動かすことができません。
・設置スペースが必要です。
・端境期の調節が難しい:AEGならシーズンセンサーで解決
・乾燥気味になります。

▲ページのトップへ戻る

機器の保証については?

通常2年間です。

▲ページのトップへ戻る