AEGについて

TOP > AEG HAUSTECHNIKとは

AE GHAUSTECHNIKとは

AEGの歴史

ペーター・ベーレンス
ペーター・ベーレンス

AEGは100年以上の歴史のあるブランドです。 白熱電球から始まり「電気エネルギーは全ての人に供給されるべきもの」という思想のもとにAEGは設立されました。れました。 AEG Haustechnik(住宅関連技術)はこの思想のもとに今日まで成長し続けてきました。
ベルリン出身の企業家であるエミール・ラーテナウ(1838-1915)は早期にこの電気技術に対する将来性を見出し、1881年に彼はエジソンの特許に関するライセンスを取得後、“Deutsche Edison-Gesellschaft fuer angewandte Electricitaet”(ドイツエジソン協会)を1883年に設立します。この組織が1887年に名称を変えてAEG(Allgemeine Electricitaets-Gesellschaft)となりました。

AEGは電気機器で最初に成功をおさめた一企業としてだけではなく、時代の先端を行く製品と共に、普遍的で覚えやすい印象をもったブランドとしての評価を確立し、業績をあげ続けています。 19世紀初めにAEGはデザイナーであり建築家でもあるペーター・ベーレンス(1866-1940)と組み活動していくこととなります。彼はAEGの工場、製品の設計から広報文書までの一連を担当し、デザインの父と称されました。彼は最初にコーポレート・アイデンティティーを創り出した人物であります。

その間AEGは電気工学の多くの領域で更に特化し続け、個々の部門を幾つかの企業に分社する必要に迫られました。Haustechnikの領域は最初に住宅電気設備に分類され、2002年よりAEG Haustechnikは独立して EHT Haustechnik として再出発することとなりました。会社は独立しましたがラーテナウの時代よりAEG Haustechnikのモットーは全く変わっていません。ユーザーの方々の求める形状と機能を追及すること。つまりわかりやすい操作と洗練されたデザインの追求です。

他の言葉で置き換えれば“Advanced Engineering from Germany”(ドイツ先進技術)の追求という理念が現在も脈々と生きています。

AEGロゴの遍歴

AEGロゴの遍歴